副業で月10万円の収入|副業ブームのいま始めたい4つの稼げる副業

副業ブームのいま始めるべき月に10万円以上稼げる副業|副業は未来への生命線Life|より良い生き方
スポンサーリンク

 

2019年より副業が解禁され、多くの方が本業以外に収入を得る方法に興味を持っていらっしゃると思います。SNSを見ていても、副業系の広告が増えてきた印象を受けます。

 

副業に興味を持っている段階の人も、もうすでに何かしらの副業を始めた人もいらっしゃると思います。

 

副業には、アンケートに答えるだけの簡単なものから、プログラミングやデザインのスキルを要するものまで様々なものがあります。

 

その中でも私は、月に数万円から数十万円を稼げるものでないと、わざわざ副業を始める意味はないと思っています。なぜなら、政府による副業の推進は「本業だけで生活できなくなる未来のためのもの」だからです。

 

そのため、副業でせめて数万円から10万円くらいは稼げる力を持っていないと将来的に苦しくなるでしょう。

 

この記事では、「副業が奨励される本当の理由」と「今始めるべき月に10万円稼げるようになる副業」をお伝えします。

 

 

 

⬇︎こちらもおすすめ

 

 

スポンサーリンク

【2019年は副業が大ブーム?裏にあるのは将来の危機かもしれません】

 

政府機関によるサラリーマンの副業解禁は、今よりさらに個人が稼ぐ力を身につけなければいけないことを意味します。

 

日本経済の成長鈍化で給料は上がりにくく、年金制度の破綻で退職後はわずかな年金がもらえるかどうか。年金受給開始もどんどん遅くなっていますよね。それなのに、人生100年時代と言われる。退職後私たちは給料も年金もない中どうやって生きていけばいいのでしょうか。

 

このままでは多くの人が生活保護になって国は経済的に大変なことになります。だから「副業」という形で今から個人個人に稼ぐ力をつけさせようというのが国の施策になったのです。

 

副業ブームと言われますが、「お小遣い稼ぎができる」という考えでは甘いのです。「本業以外でも稼げるスキルをつけなければいけない」と思っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

【月に数万円稼げる人気副業】

 

副業には簡単なものからスキルを要するものまで数多くあります。

 

簡単なものだと、「モッピー」や「ハピタス」などのポイントサイトのようなものがあります。アンケートに答えたり、webサイトへ会員登録することで数十円から数百円が得られるというものです。

 

しかし、こうした簡単にできる系の副業は正直言って全く稼げません。月に数百円を稼ぐために意味のない時間を使っていると感じて、すぐにやめてしまうでしょう。

 

せっかく副業をするのなら、「月に数万円以上」は稼げるものにすべきです。現在、月に数万円以上稼ぐことができる人気副業には、「プログラミング」「WEBライティング」「せどり」「ブログ」といったものがあります。

 

スポンサーリンク

・プログラミング (WEBデザイン)

 

プログラミングと一言で言ってもその領域は非常に広く、システムを作るもの、WEBサービスを作るもの、WEBサイトを作るものなど様々なものがあります。

 

その中でスキルを身につけやすく稼ぎやすいと言われているのがWEBデザインです。企業や個人のホームページ、また、ランディングページと言われる商品の広告ページを作る仕事です。

 

ウェブ系のプログラミング言語である「HTML」や「CSS」、「JavaScript」などを学ぶ必要があります。

 

 


【無料&独学】プログラミングで稼げるようになるために僕が選んだ勉強法

【無料&独学】プログラミングで稼げるようになるために僕が選んだ勉強法>>

 


 

・WEBライティング

 

WEBライティングは、ネット上の様々なサイトで見かける記事を書く仕事です。

以前はニュースやコラムを扱うWEBメディアがWEBライターの活躍の場でした。しかし、コンテンツマーケティングという手法が注目され始めてからは、メディアではない一般企業でも記事を書いてくれるライターを必要としています。

 

例えば、ある街に水道屋さんがあったとします。水回りで困ったお客さんは、インターネットで近くの水道屋さんを検索して、ホームページを見つけて問い合わせてくれます。

 

しかし、競合が多くネット検索で一番上に出るのは難しい。そこでコンテンツマーケティングの手法をとり、コンテンツの充実したホームページを作りたいと考えます。

 

水回りのトラブルの解決方法や生活の知恵など、そうした役立つ情報を自社のホームページに多数掲載することで、ホームページの掲載順位が上がります。さらに個別の記事を見た方からの問い合わせも増え、コンテンツマーケティングにより集客力が上がった。

 

このようにWEBライティングは一般企業のコンテンツ作成といったニーズも増えてきています。

 

媒体を選べば、自分の経験や知っている知識を元に記事を書いてお金を稼ぐことができます。また、知らないことでもネットや本で調べて書くこともできるので、特別なスキルがなくても始めやすい副業と言えるでしょう。

 

WEBライティングの仕事は文字単価いくらという金額設定がほとんどです。その中でも、文字単価一円以下のものだと労力の割にあまり稼ぐことはできないのでおすすめしません。

 

 

・せどり(転売)

 

ディスカウントで販売されているお買い得商品を買ってきて、それに利益を上乗せして販売する転売ビジネスを「せどり」と言います。購入してきたものは、ヤフオクやamazonマーケットプレイスなどを使って販売をします。

 

以前は古本の転売のことをせどりと言っていましたが、現在せどりされる商材は本に限らず、パソコンやスマホ、日用品や雑貨など多岐に渡ります。

 

利益が出るとわかっている商品を仕入れて販売するので、リスクは少ないと言われます。スマホを使えば簡単に販売価格の目安がわかりますので、売り場でそれを見ながら選べばいいでしょう。

 

せどりは「仕入れ」「出品」「発送」という仕事に分かれます。買い付けや梱包しての発想など作業量の多い副業ではあります。

 

 

・ブログ(WEBサイト運営)

 

副業を探している中で、「ブログで稼ぐ」という言葉を見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ブログで稼ぐというのは、ブログサイトを立ち上げ、読まれる記事を書いて集客をし、その記事に広告を載せることで収益を得るビジネスモデルです。

 

私はブログで稼ぐというのは語弊があると思っていて、「ウェブサイト運営」で稼ぐと言った方が正しいと感じています。

 

ブログというと日記のようなものを想像される方もいらっしゃると思いますが、稼いでいるサイトは日記を書いているわけではありません。運営者それぞれが、自分の経験や知識からテーマを選び、そのテーマに関して人々の役に立つ記事を書いています。

 

ですので、テーマのあるウェブサイトを運営することだと思っていただいた方が良いと思います。

 

好きなことや他の人よりも詳しいことで、「誰かの役に立つだろう記事」を集めたウェブサイト。そんなサイトを作るために記事を書くことが、ブログで稼ぐための仕事になります。

 

 


ブログで稼げるの嘘

【副業ブログで稼げるの嘘|稼ぐ人はブログではなく「ウェブサイト運営」をしています】>>

 

 


 

 

 

これらが「稼げる副業」の代表的な4つです。この中から、興味を持ったものを深堀りして実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

【将来への不安や危機感を副業への行動力に変えよう】

 

副業ブームに乗って多くの方は「何か始めてみようか」と考えていることと思います。しかし、ちょっとやってみただけですぐにやめる方も多く出てくると思います。

 

理由は「意外と大変だから」ということと、「必要性が薄い」ということです。

 

副業というと本業の傍らで空いた時間を使ってというイメージがあるかもしれません。しかし、それでもお金をもらう仕事である以上、作業量や仕事の質は求められます。

 

軽い気持ちでやってみたら意外と大変でやめるという人も大勢出てきます。

 

また、副業で収入は入るものの本業での収入もあるので、そこまで必要性がないということも挙げられます。

 

お小遣い程度の収入があるのは最初はモチベーションになります。しかし、そこまでして収入がなくてもいいと思う人も増えてきています。

 

ですが、上述したように副業は「将来のため」のものでもあるのです。今は必要性が薄くても、将来的にはそうではありません。

 

今の時点でそれに気づいてしっかり取り組んでいける人だけが数年後に生き残っているはずです。

 

私たちの生きる未来はここまでの数十年とは大きく変わってきます。働き方や稼ぎ方も一つの企業に依存するものから、複数の職を跨いで生計を立てる生き方に変わってくると思います。

 

その時代を見越して、ぜひ今のうちから副業を始めてみてください。

 

スポンサーリンク

関連記事

 

・【初心者の副業に最適なのはライティングの継続案件|誰でもスキル不要です】>>

 

・【副業の人気ジャンルを一覧で紹介|目的別のおすすめ副業はこちら】>>

 

タイトルとURLをコピーしました