【Macアプリの終了方法】×ボタンでは終了しない? 裏で起動中のアプリを止める方法

【Macアプリの終了方法】×ボタンでは終了しない? 裏で起動中のアプリを止める方法Apple製品の便利な使い方
スポンサーリンク

 

Macでアプリを使った後、左上の赤マル(×ボタン)を押してアプリを終了していませんか?

 

実はWindowsからMacに買い替えた方の多くが間違った認識を持っているのが、アプリの終了方法です。

 

Macでは、左上の赤マル(×ボタン)は閉じるボタンではなく、しまうボタンという位置付けです。なので、アプリを終了したつもりになっていても実は起動したままなのです。

気付かないところで勝手に動いていたなんてびっくりですよね。アプリが起動しているということはその分メモリも使っています。

パソコンの操作が重いと感じる原因はそこにあったかもしれません。

 

この記事では、「Macでのアプリの正しい閉じ方」と「裏で起動しているアプリのチェック方法」をお伝えします。

 

スポンサーリンク

【終了しているアプリと起動中のアプリの見分け方|Dockの点をチェック】

実はMacのアプリの中には、左上の赤丸(×ボタン)を押すだけで終了できるアプリもあります。純正の計算機アプリやメモアプリなどがそれに当てはまります。

左上の赤丸(×ボタン)で終了できるアプリもあればウインドウを閉じるだけのアプリもあり、終了の方法が異なります。

では、アプリが動いているかどうかを見極めるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

アプリが起動中かどうかは、Dockに出ているアイコンの下にある点(丸)で確認できます。

 

こちらの画像をご覧ください。Dockにアイコンが並んでいますが、アイコンの下に点(丸)が付いているものと付いていないものがありますよね。

 

Macで起動中のアプリを確認する方法

 

この点(丸)が付いているものが「現在起動中のアプリ」です。

みなさんのDockも確認してみてください。閉じたつもりでいたのに点(丸)が付いたままのアプリがあるかもしれません。

 

 

【アプリが起動していることのメリットとデメリット】

Windowsユーザーの多くは、赤丸(×ボタン)はアプリの終了ボタンだと思い込んでいるはずです。しかし、Macでは完全に終了させずにあえて画面だけ閉じるようにしています。

そこにはメリットとデメリットがあります。

 

・メリット

・アプリの立ち上げが早い
・前回と同じ画面が表示されるのですぐに作業ができる

・デメリット

・起動しているのでメモリを使っている
・多くのアプリが動いていると操作が重くなる

 

MacはWindowsに比べて操作性が良いと言われます。それは使いやすいシンプルなUI(画面)だけでなく、起動が早くてすぐに作業ができる点も影響しています。

Macのアプリがすぐに起動できるのは、完全に終了せずに起動させているからです。そのため、快適にアプリが立ち上がり、すぐに作業を始められます。

しかし一方で、使っていないにも関わらずアプリが動いていることで少なからずメモリや電力を消費します。

あまりに多くのアプリが起動しているとその分メモリを圧迫するので、場合によっては現在使っているアプリの動作に遅延が出ることもあるでしょう。

いま使っているアプリを高速で利用するためには、使っていないアプリを終了させた方が良い場合もあるのです。

特に画像や映像を編集するアプリの場合は多くのメモリを使いますので、そういったアプリを利用する際は使っていないアプリを終了しておいた方が利便性は上がります。

 

 

【Macでアプリを正しく終了する方法】

Macでアプリを終了させる方法は2つあります。

 

・キーボードを使って「 command + Q 」を押す

・アプリのファイルメニューを開いて「アプリを終了」をクリックする

 

これらが一般的な方法です。とは言え、毎回ファイルメニューを開いて「アプリを終了」をクリックするのは手間ですし、ショートカットを覚えるのが苦手な方もいると思います。

実は、MacでもWindowsと同じように、×ボタンをクリックするだけでアプリを終了させる方法があります。

 

それは無料アプリ「RedQuits」をインストールすることです。

RedQuitsをインストールすればMacでも×ボタンだけでアプリを終了できます。

Windowsのやり方に慣れてしまている方はこちらもおすすめです。

 

スポンサーリンク

【裏で起動中のアプリを見つけて終了させる方法】

Mac上でアプリを終了させる方法は以上の3つとなります。メモリを圧迫しないためにも、使い終わったアプリはしっかりと終了させたいですね。

Dockに表示されているアプリに点や丸がなくなれば、そのアプリは終了できたことになります。しかし、実は目に見えないところで動いているアプリもあります。

せっかくの機会なので、Mac上で動いているアプリの全てを確認する方法も知っておきましょう。

 

Macで動いているアプリは、「アクティビティモニタ」というアプリで確認できます。

アクティビティモニタはMacに最初から入っているアプリケーションですので、インストールする必要はありません。

 

まずは「command + space」を押してSpotlightを表示し、「アクティビティモニタ」と入力してください。

アクティビティモニタを起動すると、PC内でどんなアプリケーションが動いているかがわかります。

 

意外と色々なアプリが起動中のままになっていると気付くかもしれません。

中にはMacを快適に使うための設定アプリもありますが、それでも全てを起動中にしておく必要はありません。

使わないアプリケーションは終了させてしまいましょう。ここからは画像でご紹介します。

 

①メモリの欄を表示する
②起動中のアプリケーションを確認する

アクティビティモニタで起動中のアプリをチェックする方法

 

③終了したいアプリをクリックする
④アプリ内の左上にある「×ボタン」をクリックする
⑤「このプロセスを終了してもよろしいですか?」と表示されるので「終了」を選択
アクティビティモニタで起動中のアプリをチェックする方法

 

アクティビティモニタを使用すれば、裏で動いているアプリをチェックして終了させることができます。

Macの動きが重いときは使っていないアプリでメモリが圧迫されているかもしれません。定期的にチェックしてみるのをオススメします。

 

しかし、注意点もあります。基本的にはアプリのロゴを見てよくわからないものに関しては、終了させない方が良いです。

システム上で重要な役割を果たしている可能性もあるので、勝手に終了すると挙動がおかしくなるかもしれません。

アクティビティモニタでは、明らかにアプリの内容がわかるもので終了しても差し支えないと判断したものだけを閉じるようにしましょう。

 

 

【使わなくなったアプリはゴミ箱に入れても消去できていない】

アプリを終了させて行く中で、「あ〜、もうこのアプリを使うことはないかも」と思うこともあるかもしれません。

使わないアプリでも、インストールされているだけで容量を圧迫します。不要なのであれば削除しても良いでしょう。

 

Macでのアプリの削除方法は2つあります。

 

・ゴミ箱に入れてアプリを消去

・AppCleanerを使ってアプリと関連ファイルを消去

 

ゴミ箱に入れて消去している方も多いかもしれませんが、実はゴミ箱に入れるだけだとアプリの関連ファイルは削除されません。

完全に削除するのであればAppCleanerを使う方がおすすめです。

AppCleanerは無料でインストールができます。インストールしたらDockに出しておき、あとはゴミ箱と同じように不要なアプリをドラッグ&ドロップで持っていきます。

そうすると、アプリケーションだけでなく関連するファイルもまとめてPCの中から見つけ出して削除してくれます。

不要なアプリがあったらAppCleanerを使って削除するようにしましょう。

 

以上が、Macでアプリを終了させる方法の解説でした。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

【Mac Tips 関連記事】

複数のアプリやウェブサイトを1つの画面でまとめて見る方法
この記事では、「Stack」という1つの画面でいくつものアプリやウェブサイトをまとめて見る方法を見つけたのでご紹介します。皆さんは毎日パソコンの中でいくつのアプリを立ち上げていますか?また、ブラウザ上でいくつのタブを立ち上げていますか?サイトやアプリを開いて消して、また開いてという作業を繰り返しているのは確実に効率が悪いですよね。この方法なら1つ開くだけでみたいサイトが一覧で表示されるので非常におすすめです。
【画像で解説】Macで数字入力を常に半角に固定しておく方法は?
Macでキーボード操作をしていると、文章の間で数字を入力することも多いですよね。デフォルトが全角になっているので、毎回途中で半角に変換するのが非常に面倒です。ですが、実は簡単な設定をするだけで、「数字の入力だけ常に半角」にしておくことができるのです。この記事ではその方法を画像をふんだんに交えて解説します。ほんの数十秒で快適なキーボード環境が出来上がりますよ。
iPhoneの目覚ましをYouTubeの好きな曲で作る方法【Mac版】
iPhoneの目覚ましを好きな曲に設定できたらいいですよね。CDやダウンロードした曲を設定することはできますが、実はMacならyoutubeの動画からアラーム音源を作ることもできるんです。しかも、サビなど自分の好きなところから流すこともできます。カンタンに無料でできる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
MacでDVDを観るときに邪魔なマウスカーソルを一瞬で消す方法(Blu-rayも可)
MacBookでDVDやBlu-rayを観るときに、マウスポインタが消えずに邪魔だと感じている方は多いのではないでしょうか?有料のアプリを購入すればマウスカーソルを消す設定もできるようですが、実はそのようなアプリを買わなくても一瞬で消す方法がありました。DVDをよく観る方はぜひ覚えておくと使えるワザです。
【iPhone】YouTubeアプリを無料で広告なしにする方法&バックグラウンド再生方法
iPhoneでYouTubeを見ていると毎回動画を邪魔してくる広告。何回も何回もスキップしなければいけないのは手間ですよね。実はiPhoneでは、無料のアプリと一回の設定をするだけでYouTubeを広告なしで観られるようになるのです。また、この方法を使えばYouTubeのバックグラウンド再生もできますので、あわせて紹介します。
プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
Apple製品の便利な使い方
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました